聞き上手になれてますか?

バナー

恋ユーザーとして意識している異性と言葉をする際には、ふっと「明るい言葉をしなくては」と気負ってしまう。しかし、実際には言いだし得手の人よりも、「聞き上手」な人のほうが、モテるといわれています。 どうして言い出し得手よりも、聞き上手のほうが相手に好かれるのかというと、それは「共鳴されている」というフィーリングを、与えることができるためです。

 

個人にとって、「共鳴陥る」というのは極めて要であり、たとえばネットのソーシャルネットワーキングサービスなどにも、その気質がみられます。

 

おばさん同士の連絡でも共鳴は非常に重視されますから、こういう気質が現れるのかもしれません。「いいね」あるいは「ライク」などのボタンを他者に押して買うため、「独力は理解されている、繋がってる」という潤いを買えるのです。

 

とにかく共感すべし!

バナー

メンタル学においても、感情を共有することはいとも重視されてあり、たとえばコンシェルジュなどは、「いかにして患者の言葉を呼び覚ますか」を絶えず考えるといわれています。

 

ただ、「共鳴しやすい」あるいは「共感して要ることを上手に表現できる」という点においては、おばさんのほうが得意なことが多いようです。
ユーザーをリラックスさせて、思っている部分、感じていることを言い方にもらい、それを認めるため、きずなが築かれていくのです。 「自分の話を聞いてほしい、共感してほしい」という要求は、男女の性別を問わず、誰にでもあるといわれています。

 

協議が得意な夫の症例、そういった「共鳴連絡」はそこそこ下手くそに見て取れる方もいるでしょう。しかし、「共感して貰える」部分の潤いや楽しみは、誰にでもあるものです。ユーザーの境遇にのぼり、意欲を理解して授けるということは、きずなの幕開けといえるでしょう。