歴史から見るマゾ・サド

 

バナー

1886時に心構え科医のクラフト=エビングの著書「性の心学」によって、心理・肉体的な苦痛にやりがいを感じる倒錯のことを「マゾヒズム」と名付けられました。 ちなみに当時、マゾッホはいまだに存命していました。 一方、マゾヒズムの対の文言と達する振舞いの多いサディズム(sadism)とは加虐性思いとも済む、ライバルを肉体的に虐待したり、精神的に懸念を加えたりすることによって性的興奮を行う人の振舞い言います。

 

心理・肉体的な苦痛に快感

バナー

マゾヒズム(masochism)とは作家のレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ(Leopold Ritter von Sacher Masoch)の呼称が出所で、意味としては肉体的・精神的な懸念を浴びることにより、性的幸福を買い取ることのできる変調色欲の自負のいらっしゃる人のことを言います。 レーオポルト・フォン・ザッハー=マーゾッホはオーストラリアのマガジン家で、最初の頃は里を意図にした年季マガジンなどの作を発表してしましたが、「毛皮を着たヴィーナス」などの作では、心理・肉体的な苦痛にやりがいを思える倒錯を書いています。

 

第三者に対するマゾヒズムとサディズムの見分け皆様ですが、接していてもわからない場合は、届け出してもらうか、または心試験をたくらみてみるのも一ツボと言えるでしょう。 互いの文言とも出所はきつい中身のものですが、日本の現代社会ではSとMのように気軽に気質来院のような題目に選べることが多く、本来の意味での行動はしていないと言えるでしょう。

 

マゾヒズムとサディズムは対義語と言えるでしょう。 マゾヒズムとサディズムの見分け皆様ですが、自分で認識していない、気付いていない場合は簡単な心試験などでも見定めることが出来ます。