SMの由来とは?

バナー

性的道楽の中に、SMと呼ばれるものがあります。何となしに並べるかもしれませんが、要因や語源をわかるでしょうか。

 

Sはsadismの省略であり、Mはmasochismの省略だ。日本語では、サディズムは加虐性希望とも呼ばれ、ユーザーを肉体的あるいは精神的に虐待するため性的戦慄を食らうことを言います。そういったトレンドを持つ顧客はsadistと呼ばれます。

 

 

サドとマゾの語源は?

バナー

サディズムは、18世紀から19世紀にかけてのフランスの貴族であり小説家でもあったマルキ・ド・サドの姓名に由来しています。マルキとはフランス語で侯爵というの要因だ。サド侯爵は個人こういうsadismのトレンドを持っていて、まさにいじめや乱暴を繰り返していました。当然ながら貴族であっても落ち度を免れるものではなく、サド侯爵は投獄されてしまう。フランスレボリューションのサインとしても有名なあのバスティーユ牢獄だ。

 

一方、マゾヒズムは被虐好色とも呼ばれ、自分が肉体的あるいは精神的に乱暴浴びるため性的戦慄を行うことを言います。そういったトレンドを持つ顧客はmasochistと呼ばれます。 SMとはこういう2つを併せた要因だ。イングリッシュの綴りではsadomasochismとなります。 語源ですが、実はとも呼称だ。しかもとも欧州の貴族だ。これはどうしてよとふと考えさせられるところがあるかもしれませんね。

 

マゾヒズムですが、こちらは19世紀のオーストリア貴族でああったレオポルト・フォン・ザッハー・マゾッホの姓名に出所行う。主人はmasochismのトレンドを保ち、恒久の間に複数のママに対して、我々はアンタッチャブルとなりユーザーの言うことは洗い浚い訊くという内容の契約を取り交わしていたことが知られています。

 

しかしサド侯爵は獄中でsadismを材料にした小説をいくつも書き、その姓名をキャリアに残すこととなったのです。